人事部の採用管理業務を楽にしてくれるのが、採用管理システムです。人事部が手作業で行っていた業務をAI(人工機能)がかわってやってくれるので、作業が楽になります。採用管理システムはフリープランという無料で機能が使えるものがあります。無料なら誰もがそれに飛びつくかもしれませんが、有料プランとは明確にできることが分けられています。ここでは、無料と有料の採用管理システムでできることの違い、安く使うにはどのような契約方法をするのがお得か、について解説していきます。採用管理システムを導入するといっても、会社の規模や目的によって必要な機能は異なってくるので、よく考えて検討するようにしましょう。また、目的は採用管理業務の効率化ということを忘れないようにしましょう。

無料と有料の採用管理システムの違い

無料と有料の採用管理システムは、使える機能が異なります。例えば、フリープランだと応募者管理、求人サイトへの広告連携、会社・求人情報の管理、エージェント管理とエージェントからの推薦、マニュアル提供という機能だけしか使うことができません。一方、ベーシックプランなどになるとフリープランの全機能が利用可能で、さらにあらゆる媒体の応募者CSVインポート、会社の採用ページとの連携、応募者への一斉メール送信、KPIがわかるデータ集計、メールサポートといった機能までついてきます。フリープランは0円で利用可能ですが、ベーシックプランになると月単位での契約になります。1ヶ月契約で29,800円、3ヶ月契約で19,800円、6ヶ月契約で14,800円、12ヶ月契約で9,800円といった感じになっています。

有料プランを利用するなら長期間契約だと安い

フリープランの機能だけで欲しい機能が使えるのであればいいですが、そうではない場合はベーシックプランなどにグレードアップさせる必要があります。月契約での料金を見てみると、短期間ではなく長期間利用するほど安くなっているのがわかります。まずは採用管理システムの試用期間を利用して機能を確かめてみて、使いやすいと感じたら長期契約すれば短期間契約よりもお得に使うことができます。ただし、1ヶ月くらいはじっくり時間をかけて検討したいという場合にはまず1ヶ月使ってみて、そこから年単位での契約をするという方法もあります。最初から使いやすいということがわかって、自分の会社の採用管理に適していると感じられるのであれば、最初から12ヶ月などの長期契約を結んだ方がいいでしょう。