企業にとって採用活動というのは非常に大事な業務になります。1人でも多くの良い人材を戦略的に雇用できるか否かで、会社の未来の親族が決まるといっても言い過ぎではありません。従って人事担当部門も責任感を持って仕事を遂行する訳ですが、採用には細かい業務が多数発生します。無駄な業務は削減し、必要な業務時間を割いていくことも必要ですが、従来までのやり方では様々な不具合も発生していました。採用に関する情報は紙書類やエクセルでアナログ管理されて、関連データを探すのにも時間がかかっている企業も多くありました。しかしこういったやり方では業務効率も悪く、課題も多かったのです。これらの問題を解消し、採用業務を円滑に行うためのツールとして採用管理システムというものが出現するようになりました。

様々な効果が期待出来る採用管理システム

採用管理システムは、従来紙書類で管理していたりエクセルで手入力していた応募者データや採用状況データが、単純な作業で自動化することもできます。自動化によるメリットは沢山あり、これによって採用活動の工数を削減し、応募の受付から面接、最終の採用までの期間にかかる人事担当者の業務を軽減することにつながります。また業務の軽減によってコスト削減も可能になりますので、採用管理システム導入は企業にとって一石二鳥であるとも言えます。また、無駄な業務が削減できたことによって重要な業務に時間を割くことも可能になります。どの応募者に絞り込むかといった応募者の見極めにも、多くの時間を使うことが可能になります。従って導入した多くの企業が導入して成功だったという印象を持っています。

採用管理システム導入の具体的なメリット

採用管理システム導入の具体的なメリットの1つに、採用コストの削減があります。このシステムの導入により、入社希望者データの効率的な管理や、必要に応じたデータ抽出が可能になります。また、同じ内容メールを送付対象者に自動送信することも出来ますので、採用活動の進捗状況を把握する時間も短縮することが出来ます。また、採用活動におけるデータもすぐに確認することが出来ます。現時点の採用活動の採用選考の進捗状況、どういったルートでの応募が多いのか、応募者の経歴別の状況など、様々な角度からのアプローチで採用について分析することが出来ます。可能です。データを使って分析することにより自分の会社に適した採用とはどういったものかということも見えてきます。優秀な人材の確保にもつながります。