複雑で手間のかかる採用の業務を簡素化、効率化できるのが採用管理システムの持つ特徴になります。せっかく、採用管理システムが導入されたのに、別の表計算ソフトなどを使って管理する必要がある業務が出てきてしまったということにならないように、搭載されている機能や、すでに導入されているシステムと連携が可能かどうかということを漏れなく確認して採用管理システムを選ぶ必要があります。正しく選んだ採用管理システムを導入して採用業務の効率が上がれば、会社に必要な人材を確保することができるようになります。採用の業務は会社によって採用に至るまでの業務フローが様々ですがプロセスを一つ一つ照らし合わせていってマッチするような採用管理システムを選ぶ必要があります。

採用業務が自社の方法と合った形で効率化されるかを見極める

採用活動で、一番重要となるのは、募集してくれた人を選考する作業になりますが、この作業のプロセスを採用管理システムでしっかり管理したいと考えている場合は、選考プロセスを管理してくれる機能が自分の会社に合った形で搭載されているかどうかを確認しておく必要があります。普段から面接の日程調整に苦慮している場合は、採用管理システムに面接の日程を調整してくれる機能が搭載されていれば、大幅な業務の効率化が実現されることになります。応募してくれた人に対して電子メールのやり取りに多くに時間を割いている場合は、メール配信機能が搭載されていれば、応募した人との電子メールのやり取りが楽になります。このように、採用管理システムに搭載されている機能と普段行っている採用業務と一つ一つ照合していく必要があります。

使いやすさも採用管理システムを選ぶポイント

採用業務を行うに当たっては大切なパートナーとなる人材を紹介してくれるエージェントをしっかり管理することも重要な業務の一つですがエージェントを管理する機能が搭載されていると役に立ちます。採用管理システムに搭載されている機能がたとえどんなに充実していたとしても、画面が分かりにくかったり、手順が複雑で使いこなせなかったり、ということが採用管理システムを導入するにあたって起こりがちです。お試しで利用できるトライアルが提供されているときには、自分の会社のパソコンに実際にインストールをして利用してみるのが良い方法です。採用管理システムを利用する人は面接官だけでなく、応募する人や、エージェントもいます。それぞれの立場の観点から利用しやすい採用管理システムであるかどうかを確かめるのも正しい選び方の一つとなります。